ポケモン ソード・シールドが9週ぶりに首位陥落!推定販売本数トップは…?

8週連続1位ポケモン・ソードシールドは首位陥落 22日、最新のファミ通発表の売上ランキングが更新された。 1月13日~1月19日のゲームソフト&ハード週間推定販売数において、初登場の『龍が如く7 光と闇の行方』が15万6993本で首位に立った。 同シリーズにおけるナンバリング作としては、2016年12月8日発売の『龍が如く6 命の詩。』以来の新作となるが、前作は初週販売本数20万1211本をマークしたことを考えると、やや物足りない結果に…? 続く2位も初登場作。プレイステーション4用ソフト『ドラゴンボールZ KAKAROT』がランクインした。鉄板のドラゴンボール新作は、89537本を記録し上場の滑り出し。 一方で、8週連続1位をキープしてきた『ポケットモンスター ソード・シールド』は、55604本でついに首位陥落。 また、女優新垣結衣のCMでお馴染みのリングフィット アドベンチャーが、8位から4位に浮上した。 さて、そんなソフト推定販売本数TOP10は以下の通り! 1位(初登場) PS4 龍が如く7 光と闇の行方 15万6993本–セガゲームス–2020年1月16日発売 2位(初登場) PS4 ドラゴンボールZ KAKAROT 89537本–バンダイナムコエンターテインメント–2020年1月16日発売 3位(前回1位) Switch ポケットモンスター