ポケモン ソード・シールドが9週ぶりに首位陥落!推定販売本数トップは…?

8週連続1位ポケモン・ソードシールドは首位陥落 22日、最新のファミ通発表の売上ランキングが更新された。 1月13日~1月19日のゲームソフト&ハード週間推定販売数において、初登場の『龍が如く7 光と闇の行方』が15万6993本で首位に立った。 同シリーズにおけるナンバリング作としては、2016年12月8日発売の『龍が如く6 命の詩。』以来の新作となるが、前作は初週販売本数20万1211本をマークしたことを考えると、やや物足りない結果に…? 続く2位も初登場作。プレイステーション4用ソフト『ドラゴンボールZ KAKAROT』がランクインした。鉄板のドラゴンボール新作は、89537本を記録し上場の滑り出し。 一方で、8週連続1位をキープしてきた『ポケットモンスター ソード・シールド』は、55604本でついに首位陥落。 また、女優新垣結衣のCMでお馴染みのリングフィット アドベンチャーが、8位から4位に浮上した。 さて、そんなソフト推定販売本数TOP10は以下の通り! 1位(初登場) PS4 龍が如く7 光と闇の行方 15万6993本–セガゲームス–2020年1月16日発売 2位(初登場) PS4 ドラゴンボールZ KAKAROT 89537本–バンダイナムコエンターテインメント–2020年1月16日発売 3位(前回1位) Switch ポケットモンスター

2020年最初のmoraアニソンランキング発表!『鬼滅』LiSAが首位

紅蓮華が首位! 8日、2020年最初のmoraアニソンランキングが発表された。 2020年最初に首位の座を獲得したのは、大晦日のNHK紅白歌合戦でも大いに会場を沸かせたLiSAによる『鬼滅の刃』オープニングの「紅蓮華」となった。 おそらく、冬休みを使って『鬼滅の刃』を一気みした人も多いのではないだろうか。オープニング曲とともに、エンディングの「from the edge」もTOP10入りを果たしている。 また、配信がスタートしてまもない『マギレコ』のオープニング曲「ごまかし」がいきなり2位に登場。 その他、前期アニメで圧倒的支持を得た『SAO』『SAO』エンディングの「unlasting」や、映画『天気の子』主題歌「グランドエスケープ (Movie edit) (feat. 三浦透子)」もまだまだトップ10に君臨し続けている。 さて、そんな2020年最初のmoraアニソンランキングトップ10は以下の通り! No.1-LiSA / 紅蓮華 TVアニメ「鬼滅の刃」OPテーマ AAC 320kbps-¥1,233(まとめ買い)/¥261(単曲買い) 、FLAC

2019年秋アニメランキングトップ20発表!映えある1位に輝いたのは…?

映画化が決定済みのあの作品が第一位に! 年の瀬が近づく中、「アニメ!アニメ!」は「2019年秋アニメ(10月クール)で一番良かった作品は?」をテーマにアンケート調査を実施し、「2019年秋アニメランキングトップ20」を公開した。 映えある1位に輝いたのは、支持率約22パーセントと圧倒的な人気を誇る『PSYCHO-PASS サイコパス 3』。 2020年春には映画『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』も公開決定済みの本作。 「複雑に入り組まれた謎と新キャラの魅力が相まってとても濃厚な時間になりました」などといったコメントが寄せられ、はやくも新シリーズを待望するファンが続出しているようだ。 さて、第二位に輝いたのは、支持率約10パーセントの『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』。 「やはり作画が桁違い。AIの権利といった将来実際に直面するかもしれない問題も扱っているから」などといったコメントが寄せられた。 第3位には、支持率約7パーセントで『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』がランクイン。

2020年冬アニメ 期待値の高い作品は?ハイキュー!!第四気が圧倒的支持率

烏野高バレー部がいよいよ全国に挑むハイキュー 「アニメ!アニメ!」は、「2020年冬アニメ 期待値の高い作品は?」と題して、11月28日から12月5日までアンケートを実施。 アンケート集計の結果、2020年冬アニメの中で最も熱い視線が注がれているタイトルは『ハイキュー!! TO THE TOP』の最新作となった。 いよいよ第四期となるハイキュー!! 。烏野高校バレー部がいよいよ全国の強敵たちに立ち向かうということで、支持率はダントツの約20パーセントを記録した。 また、「新キャラクターの声優さんも決まって、とてもワクワクしている」、「烏野高校の選手たちの活躍はもちろん、これから出てくる高校の選手たちも楽しみです」といった機体をのぞかせる声が多数寄せられたようだ。 第二位には、支持率約8パーセント『とある科学の超電磁砲T』がランクイン。「御坂美琴が好き」など、ヒロインへの注目コメントが多数を占めた。 3位は『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』がランクイン。 2010年代に大ヒットしたアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を原作としたスマートフォンゲームをTVアニメ化ということで、アニメとゲーム両方のファンから期待されている。 4位には『地縛少年花子くん』、5位には『恋する小惑星』 、6位には『異世界かるてっと2』と続いた。 さて、そんな同ランキングのトップ20は以下の通り! 1位 『ハイキュー!! TO